立位体前屈で床に手が届くか

立った状態から膝を曲げずに指が床に着けば、まずはokです。

データでみると、(床よりさらに)6cm以上行かない選手は、行く選手の1.86倍腰痛の発症率が高い結果になりました。
+6cmが目安になりますので、できれば手のひらを付けられるようにしましょう。

スポーツ選手としてはクリアーしておきたいこのテスト。
硬い選手はスタティックストレッチを、練習後の自主トレで2分以上行いましょう。

この記事の作成者


亀山顕太郎亀山顕太郎
Kentaro Kameyama

理学療法士
スポ・ラボ(一社)代表理事

神奈川県横浜市出身、理学療法士になってから様々なデータよりケガをしている選手の特徴を調べ、学会にて報告。
石井医師とスポ.ラボを立ち上げてからは、4000人以上のデータを収集し解析。前向きに追跡調査をすることでどのような選手が怪我をするのかを研究している。また、研究の様子を報告しているfacebookでは、3万人以上のフォローワーがいる。


関連記事

  1. リリース

    【高校野球〜】球速アップの方法・トレーニング論

  2. 肩甲骨トレーニング

    【高校野球】投球障害に対する肩甲骨周囲筋のトレーニング方法

  3. 良好な下肢

    【高校野球~】投球障害予防!下半身を安定させるポイントとは?

  4. 足部の障害

    【高校野球~】足部の怪我を防げ!理想的な体脂肪率からトレーニングまで

  5. 木島先生2

    千葉ひじネット ~上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(OCD)を早期発見!~ 

  6. キャッチャー

    【小学生】監督必見 肩・ひじを怪我する選手の特徴