AI-シンセサイザー

画面をクリックするとアプリが起動します!

この記事の作成者


石井壮郎石井壮郎
Takeo Ishii

博士(スポーツ医学)
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本体育協会 スポーツ認定医
スポ・ラボ(一社)理事

千葉県船橋市出身、小学3年生から野球をはじめた。学生時代より「パフォーマンス向上と障害予防を両立するようなスポーツ動作」の開発に強い関心があり、2008年から筑波大学で研究を開始した。「スポーツ障害の最大の治療戦略は予防である」という経験に基づいた持論を展開し、あたかも天気予報の降水確率のように、近未来の投球障害の発症確率を予測するアプリケーションを開発し、運用している。最近は、「モーション・シンセサイザー」という統計学を駆使したコンピュータ・シミュレーションを開発し、障害防止とパフォーマンス向上を両立する動作をコンピュータ上で作成する研究を行っている。


関連記事

  1. 高校・大学・プロ野球/小指と親指をまっすぐにできるか

    ボールをにぎるのに必要な指の運動(上級)(小学生6.1)

  2. バンザイ

    投球障害予防 しっかりバンザイできるかチェックしよう

  3. アイスバスのやり方

    暑熱環境下でのリカバリー“アイスバス(冷水浴)

  4. 図A 筋温

    ウオーミングアップの時間~どれくらいすればいい?~

  5. バッティングで飛距離アップをするためのトレーニング

  6. 高校野球のトレーニング オーバーヘッドスクワット不良例に対する修正エクササイズ