【小学生】ピッチャーをしているにも関わらず肩ひじを痛めない選手の特徴

少年野球をしている子供にとって、ピッチャーというのはあこがれの存在。しかし、体が十分に整っていないのに「速いボールを投げよう」と思っても当然肩ひじを痛める原因になってしまいます。

今回は、36チームの投手78名(5,6年生)を対象に
少年野球でピッチャーをしているにも関わらず、一度も肩ひじを痛めたことがない選手の特徴を調べてみました。

結果として下記の6項目が大切であることが分かりました。

エースの条件

6項目のうち5項目をクリアーしている投手は、肩ひじを痛める確率が20%なのに対し、2項目以下しかクリアーしていない選手は、肩ひじを痛める確率は80%でした。

ということで・・・5項目以上クリアー目指して頑張りましょう!

目次

  1. 肩ひじを痛めない投手は「股(こ)関節が柔らかい」そして「しゃがめる」
  2. 肩ひじを痛めない投手は「体幹が柔らかく」「体幹が安定している」
  3. 肩ひじを痛めない選手は「手の内」ができている。
  4. まとめ

色々なスポーツで怪我をしない選手の特徴を求めておりますが、股関節が柔らかいのは共通して言えることです。

股関節

肩ひじを痛める選手の特徴は、股関節を曲げる角度が110度以下であること。110度以下の投手は、88%が肩ひじの痛みを経験しているという驚きの結果が出ました。

一方、肩ひじを痛めない「投手」の特徴は、股関節を曲げる角度が125度以上であることでした。

股関節を柔らかくが基本です!詳細は下記ホームページをご覧ください。

ピッチングのポイント!股関節(こかんせつ)をしっかり曲げられるか(中級)

しゃがみ込みも肩ひじの痛みと関連がありました!

股関節が硬いとしゃがめません。また、足首が硬くてもしゃがめません。

手を自由な状態にして、足も開いて良いのに、しゃがめない投手が肩ひじを痛める確率は75%。

しゃがめない子供にピッチャーをやらせても怪我の素!!

しゃがみ込み

しっかりチェックしたいところです。詳細は、下記ホームページをご覧ください。

ピッチングの基本は下半身!しゃがみ込みができるか(初級)

体幹トレーニングということばがありますが、いわゆる“コア”だけでなく、体幹の柔軟性も大切です。両方できるように体を作っていきましょう。

体幹の安定性に関しては、統計でみると下の写真のような姿勢が3秒間できればOKです。

体幹安定

詳細は下記ホームページをご覧ください。

これだけはクリアーしておきたい、データでみる体幹トレーニング(初級⇒上級)

 

体幹の柔軟性に関しては下記の写真のようなテストが肩ひじの痛みと関連がありました。

広背筋テスト

ひじとひじをつけたまま、鼻までひじが上がりますか?

できない選手は60%が肩ひじを痛めておりました。是非クリアーしておきたい項目です。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

やっておきたい体幹の柔軟性トレーニング(中級)

以上 体幹の安定性と柔軟性のチェック項目です。

小指と親指をまっすぐにできますか?

小指と親指

さらにそのまま「手のひら」を上に向けられますか?

手のひら上

下の右の選手のように両方できない選手はひじの痛みと関連があることが分かりました。

手の内例

×が2つの選手がひじを痛める確率は71%になります。

×がない、または×が一つの選手がひじを痛める確率は37%ですので、関連の強さが分かるかと思います。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

ボールをにぎるのに必要な指の運動(上級)

いかがでしたでしょうか?

怪我をしない投手の特徴は・・・

股関節・体幹・手の内

是非、チェックをしてみてください!

 

この記事の作成者


亀山顕太郎亀山顕太郎
Kentaro Kameyama

理学療法士
スポ・ラボ(一社)代表理事

神奈川県横浜市出身、理学療法士になってから様々なデータよりケガをしている選手の特徴を調べ、学会にて報告。
石井医師とスポ.ラボを立ち上げてからは、4000人以上のデータを収集し解析。前向きに追跡調査をすることでどのような選手が怪我をするのかを研究している。また、研究の様子を報告しているfacebookでは、3万人以上のフォローワーがいる。


関連記事

  1. 高校・大学・プロ野球/つま先での片足立ちができるか

    下肢トレーニングの基礎はバランス!しっかりチェックをしましょう

  2. 高校・大学・プロ野球/しっかりした捕球姿勢がとれるか

    レギュラーの基本条件!しっかりした捕球姿勢がとれるか

  3. 少年野球/片足立ち3秒間できるか

    バッティングにもピッチングにも必要なバランスをチェックしよう

  4. レシピ

    体を大きく!管理栄養士が考えたおすすめレシピ

  5. 高校・大学・プロ野球/膝を伸ばしたまま、足が上がるか

    膝を伸ばしたまま、足が上がるか(基礎)

  6. 中学野球選手のための投球障害・予測システム

    中学野球選手のための投球障害・予測システム