【小学生】監督必見 肩・ひじを怪我する選手の特徴

我々は5000人ちかい学童野球選手に、150項目以上のフィジカルチェックを行い、1年間追跡調査を行ってきました。

その中で今回は肩ひじを痛める選手に特徴的な10項目を紹介したいと思います。

少年野球10項目

10項目のうち5項目該当している選手は、1年間に90%の確率で肩ひじを痛めておりました。同様に、4項目でも80%、3項目でも60%と高い確率になっております。

目次

  1. 野球肩・野球ひじは繰り返す
  2. ポジション・体重・練習時間が大きく関与
  3. ひじが伸びない・曲がらないは危険信号
  4. 大切なのは下半身!
  5. まとめ

データでみると野球肩・野球ひじともに、一度痛めたことがある選手(既往のある選手)が発症率が高いのが分かります。

野球肩・野球ひじは繰り返すと言いますが、データでも実証されました。

既往

原因としては、肩やひじに負担がかかる悪いクセをしっかり治し切れていないことが考えられます。悪い投げ方をしてひじを痛めて、休んで、また悪い投げ方をしていればひじの痛みは再発してしまいます。それを防ぐためには、しっかりとしたリハビリで体の悪いクセを直す必要があります。

このデータを見た時に少年野球のケガ予防の難しさを感じました。

投手で体大きく(体重が平均よりある)、練習時間が20時間以上の選手は90%近くが肩ひじを痛めていたのです。反対に、投手以外で体が小さく、練習時間が20時間未満の選手は肩ひじを痛める確率は20%程度でした。投手体重練習時間

どうすれば良いか・・・

今回のデータから言えるのは、まず子供の体力を考えると週20時間を超える練習は体に負担になると考えます。20時間以上練習をしているチームの発症率は66%だったのに対して、20時間未満のチームは39%と低い値になっておりました。2土日16時間練習したら、平日は1日程度にとどめるのが良いことになります。

体の大きな子に頼らないチームを作る。早熟傾向の体の大きな子に投手ばかりやらせるのは、その選手をつぶすことにつながります。体が大きくても、骨・軟骨は子供。体が大きな選手ほど大切に育てる必要があります。

投手に関しては、肩ひじを痛めない投手の特徴を下記ホームページにまとめました。参考にしていただければ幸いです。

少年野球 ピッチャーをしているにも関わらず肩ひじを痛めない選手の特徴

痛みはないけど、ひじが左右で同じように曲がらない・伸びないは危険信号です。

データでみても、ひじが伸びない・曲がらない選手は故障のリスクが高いことが分かりました。

伸びない・曲がらない

ひじが伸びない・曲がらない選手は、もうすでに何らかの問題が発生しているので、投球強度を落とすか、必要に応じて投球を禁止にしましょう。

チェック方法は下記ホームページで解説しております。

トレーニングをするまえに、肘がしっかり伸びるか、曲がるかチェックしよう(基礎)

今回、全身のフィジカルチェック(柔軟性・筋力・基礎的運動能力)を行ったのですが、野球肩・ひじと関係があったのは・・・すべて「下半身」の項目でした。

野球は下半身が大切だ!と言いますが、データでみても下半身が大切でした。

下半身

3つの項目に関しては、下記ホームページでそれぞれ説明しております。ご参照にしていただければ幸いです!

バッティングにもピッチングにも必要なバランスをチェックしよう(初級⇒上級)

トレーニング前後で確認したい、太ももの前の柔軟性(中級)

ピッチングのポイント!股関節(こかんせつ)をしっかり曲げられるか(中級)

どのような子供が怪我をするかをしっかり把握することで、投球障害は減らすことができます。

野球を通して、多くの子供たちが勉強では味わえない大切な経験をできることを願っております!

障害効果

 

個々の選手の確率は下記ホームページで分かります。是非、お試しください!

少年野球選手のための投球障害・予測システム~ 今後1年間に、あなたの肩や肘に痛みがでる確率を予測します ~

この記事の作成者


亀山顕太郎亀山顕太郎
Kentaro Kameyama

理学療法士
スポ・ラボ(一社)代表理事

神奈川県横浜市出身、理学療法士になってから様々なデータよりケガをしている選手の特徴を調べ、学会にて報告。
石井医師とスポ.ラボを立ち上げてからは、4000人以上のデータを収集し解析。前向きに追跡調査をすることでどのような選手が怪我をするのかを研究している。また、研究の様子を報告しているfacebookでは、3万人以上のフォローワーがいる。


関連記事

  1. 高校・大学・プロ野球/挙上での外旋がしっかりできるか

    【高校生~】投球障害予防!もっとも重要なのはインナーマッスル

  2. 良好な下肢

    【高校野球~】投球障害予防!下半身を安定させるポイントとは?

  3. 中学生2

    指導者必見!中学野球選手の投球障害予防

  4. 高校・大学・プロ野球/膝を伸ばしたまま、足が上がるか

    膝を伸ばしたまま、足が上がるか(基礎)

  5. 高校・大学・プロ野球/グローブ側のひじを付けたまま投げる側のひじが反対側の膝まで届くか

    統計的に最低限必要な腹筋トレーニングはこれだ!

  6. 木島先生2

    千葉ひじネット ~上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(OCD)を早期発見!~