【高校野球~】障害予防にも球速アップにも重要な“股関節”の話

障害予防にもパフォーマンスアップにも重要な股関節についてチェック方法からトレーニング方法まで紹介したいと思います。

 

目次

  1. 知っておきたい股関節のチェック方法
  2. 股関節を動かすトレーニング
  3. 動きの中で股関節を使おう
  4. 球速アップにも重要な股関節
  5. まとめ

股関節のチェック方法として一番簡単なのが、座った状態での「もも上げ」です。
背中の後ろは壁を意識して、しっかり胸を張ったまま、気持ちよく30度以上もも上げができますか?
高校生・大学生は30度以下(社会人、プロレベルは40度以下)だとケガのリスクが上がります。

股関節屈曲

詳細は下記ホームページをご覧ください。

座ったまま“もも”上げができるか(中級)

もも上げが、「全然できない」「きつい」または「左右差がある」という選手はまずは股関節を動かすためのトレーニングが必要になります。
股関節を動かすトレーニングは大きく分けて、「足を動かす方法」と「体幹を動かす方法」の2つがあります。どちらが良いかは選手によって違うので、やりながら動きやすくなる方法を見つけるようにしましょう。

「足を動かす方法」としては、チェックでやったもも上げをそのままトレーニングにしたり、いわゆる「ゆる体操」などが効果的な場合があります。下記動画を参照に試してみるのも良いでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=Y7pcB0jApZg

太ももの前の力が上手に抜けないと効果が出にくいの、太ももの前を触って力が入っていないかチェックしても良いでしょう。

「体幹を動かす方法」としては、下の写真のように座って胸を張って手を伸ばす体操があります。同様に、スクワットをするときも、しっかり股関節を曲げることを意識して行うのがポイントです。

股関節を曲げる練習

他にも、四つ這いで股関節を曲げる練習や

https://ameblo.jp/bukatsu-physical/entry-12177389138.html

四つ這いから片足を伸ばして、股関節を曲げる練習があります。

https://ameblo.jp/bukatsu-physical/entry-12217372154.html

自分に一番合ったトレーニングを見つけるようにしましょう。

股関節が動くようになっても、地に足が着いた状態で股関節が使えなければ意味がありません。ということで、地に足を着けた状態でのトレーニングに移っていきます。

地に足が着いた状態でのトレーニングの代表例にはパワーポジションがあります。パワーポジション

下記ホームページでは捕球動作でのパワーポジションを解説しております。

ホームランは安定した捕球姿勢から生まれる!?(中級)

また、四股なども代表的なエクササイズと言えます。
こちらも、しっかり股関節を曲げることを意識しましょう。

四股

その他も、トレーニングの中で股関節をしっかり曲げる!という意識を持つことが重要です。

https://ameblo.jp/bukatsu-physical/entry-12200747398.html

股関節が上手に使えていないと上肢のケガにも関わってきます。

股関節がしっかり使えると体が安定します。体が安定すれば当然ですが腕も振ることができます。
また、非投球側の足(右利きであれば左足)をまっすぐと着地点まで運ぶこともできます。
股関節は球速アップにも重要なポイントになります。

ストライド

詳細は下記ホームページをご覧ください。

【高校野球〜】投球障害予防!体の開きを抑えるトレーニング方法

【高校野球〜】球速アップの方法・トレーニング論

 

いかがでしたでしょうか。
何となく股関節の重要性、チェック方法、トレーニング方法が分かってもらえたでしょうか?
このほかにも、股関節をねじる「回旋」という動きも障害の発生と大きく関わっております。
下記ホームページもチェックしてみてください。

ピッチングのカギは股関節!股関節の柔軟性をチェックしよう(初級(2))

この記事の作成者


亀山顕太郎亀山顕太郎
Kentaro Kameyama

理学療法士
スポ・ラボ(一社)代表理事

神奈川県横浜市出身、理学療法士になってから様々なデータよりケガをしている選手の特徴を調べ、学会にて報告。
石井医師とスポ.ラボを立ち上げてからは、4000人以上のデータを収集し解析。前向きに追跡調査をすることでどのような選手が怪我をするのかを研究している。また、研究の様子を報告しているfacebookでは、3万人以上のフォローワーがいる。


関連記事

  1. 高校・大学・プロ野球/薬指の第2関節をしっかり曲げられるか

    肘への負担を減らせ!薬指がしっかり使えているかチェック(上級)

  2. 股関節内旋

    【高校野球~】投球障害予防!下半身をチェックしよう

  3. レギュラーの特徴

    【高校野球】トレーニングのヒント

  4. 足振り

    速く走るためのトレーニング

  5. 【小学生】ピッチャーをしているにも関わらず肩ひじを痛めない選手の特徴

  6. 少年野球/ひじを付けたまま、鼻の高さまで上げられるか

    やっておきたい体幹の柔軟性トレーニング(中級)

  1. 肩甲骨トレーニング

    【高校野球】投球障害に対する肩甲骨周囲筋のトレーニング方法

    2019.08.03

  2. 疲れを取りたい!夏場の中枢性疲労回復に必要な睡眠環境とは?

    2019.07.28

  3. 野球選手に必要な栄養!高強度運動後の最適なエネルギー補給のコツ

    2019.07.28

  4. 各身体的疲労

    疲れを残さない!疲労回復(リカバリー)の基礎知識

    2019.07.28

  5. 夏と冬

    夏と冬、ウオーミングアップ時間は同じでいいの?

    2019.07.28

  1. バッティング プロ野球

    [Lesson10] 背中の斜めの筋肉をバッティングに最大限に使う方法

    2018.03.29

  2. 腰の入った

    [Lesson9] 腰の入ったバッティングフォームとは?骨盤の回し方

    2018.03.29

  3. バッティング 野球

    [Lesson8] 最も力の出るバッティングフォームとは?パワーの生み出…

    2018.03.29

  4. ヘッド 振り抜き

    [Lesson7] 鋭いスイングのためのヘッドの引き出し方

    2018.03.29

  5. 逆アクセル スイング

    [Lesson6] 日本人的なスイングを作り出すために重要なポイント

    2018.03.29