夏におすすめ!夏野菜を使った簡単レシピ

夏はそうめんなどの麺類が食べやすいですよね。
ただ、麺とつゆだけでは栄養が偏ってしまうので 麺類でもバランスよく食べられるレシピをご紹介します!

目次

  1. 夏野菜を食べよう!
  2. そうめん×夏野菜
  3. タンパク質×夏野菜

旬の野菜を取り入れましょう!
夏野菜の良いところは、水分を多く含んでいること。

トマト 水分を飲み物だけではなく、食事からも取ることで、夏バテしにくい身体をつくりましょう。
他にも、ビタミンCなどのビタミンや、カリウムなどのミネラルを豊富に含んでいるものが多いです。
トマトやキュウリなど生で食べられるものも多いので、
夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが夏野菜の魅力です。

【すりおろしきゅうりのつゆ】
・きゅうり 1本 ・ごま油 大さじ1 ・めんつゆ 20cc ・白ごま 大さじ1
①きゅうりをよく洗ってすりおろす
②材料を全て混ぜ合わせたら出来上がり

【すりおろしトマトのつゆ】
・トマト 1個 ・めんつゆ 20cc
①トマトをよく洗ってすりおろす
②めんつゆと混ぜ合わせたら出来上がり

【刻みオクラのつゆ】
・だし汁 200cc ・薄口しょうゆ 大さじ1 ・みりん 小さじ1 ・塩 少々 ・オクラ 5本
①だし汁を温める
②オクラ以外の調味料を①に加えて火を止める
③温めたつゆを冷蔵庫で冷やす
④オクラはガクを取ってさっと塩茹でする
⑤茹でたオクラの水気を切って細かく刻む
⑥冷やしたつゆと刻んだオクラを合わせて出来上がり

【簡単!ズッキーニの肉巻き】
・ズッキーニ 1本 ・豚ロース 8枚(約150g) ・塩コショウ
①ズッキーニを縦に4等分、横に2等分(計8等分)にする
②豚肉の両面に塩コショウをする
③豚肉をズッキーニに巻く
④フライパンにサラダ油を熱する
⑤巻き終わりを下にして中火で焼いたら出来上がり

【やみつき!ナス餃子】
・ナス 2本 ●合挽肉 100g ・大葉 5枚 ・ニラ 20g ●すりおろしニンニク 小さじ1 ●すりおろし生姜 小さじ1 ●醤油 小さじ1 ・ごま油 大さじ1 ・薄力粉 適量 ・塩 適量
①大葉とニラをみじん切りにする
②ナスを薄切りにして塩を振って5分置く
③ボウルに大葉とニラ、●を入れてよくこねる
④薄切りにしたナスの水気を切り薄力粉をふりかける
⑤ナスに③を乗せて巻く
⑥フライパンにごま油を熱し、⑤の巻き終わりを入れる
⑦中火で熱し、ひっくり返し、蓋をして蒸し焼きにする
⑧火が通ったら出来上がり

この記事の作成者


徳山円香徳山円香
Madoka Tokuyama

管理栄養士
順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科

東京都出身。管理栄養士として選手の栄養指導を行うかたわら、順天堂大学で腸内細菌叢の研究を行っている。これまでに大学ラグビー部や高校野球部、高校バスケットボール部の指導経験がある。高校時代は野球部のマネージャーをしていたこともあり、現場寄りの栄養指導を心がけている


関連記事

  1. 高校・大学・プロ野球/投球側の手が前、足が後ろでしっかり伸ばせるか

    目指せホームラン!パフォーマンスアップにも重要な「体をひねる」という動き

  2. アクセルモード

    「走塁に必要な速く走るためのトレーニング〜各論①」

  3. 高校・大学・プロ野球/挙上での外旋がしっかりできるか

    ピッチングに重要なインナーマッスルをチェックしよう(初級)

  4. 挙上位外旋角度

    【高校野球】監督必見!怪我をしない選手の特徴

  5. 高校野球 ホームラン

    [Lesson1] ホームランの打ち方、どんなスイング軌道が良いのか?

  6. 図3 肩の痛みがでやすいフォームとできにくいフォーム

    【高校野球〜】肩に故障が生じやすい投球フォームについて