速く走るためのトレーニング

攻走守と言われるくらい、野球において走塁は重要な位置づけとされています。
走塁には、状況把握から判断や決断などの要因も含まれるため、単に足が速いだけでは走塁が良いとは言えません。とは言え、足が速いことが武器になることは間違いありません。

では足を速くするために何が必要なのでしょう?

最大のテーマは「しなやかに走る」ことだと考えています。

そのためには、全身をくまなく連動させることが必要です。全身を動かすためには脳にある体のマッピングを変更を狙います。腕や足など、脳のマッピングの中でバラバラになっているパーツをひとまとめにするようなイメージです。 そのために特に「手足がみぞおちから生えている」とイメージすることに注力しています。

このイメージだけで脚を挙げることが軽く感じられたり、筋肉の出力が高まったりするので選手たちは実感しやすいポイントだと思います。そのイメージが表現できれば、どのようなエクササイズを行なってもいいと考えいてます。選手たちが気に入っているように思えるのは、下の写真にあるレッグスイングです。

足振り

このエクササイズは継続性が多いように思います。

全身を動かして、しなやかに走るために ・姿勢を作る ・上半身を動かす ・下半身を曲げることを主要なポイントに挙げています。 次回からは、これらの各論と、盗塁の一歩目をつくる練習を紹介します。

この記事の作成者


塩多雅矢塩多雅矢
Masaya Shiota

トレーニングコーチ
部活身体塾代表
部活身体塾:https://ameblo.jp/bukatsu-physical/

山口県下松市出身、高校の頃に志した「ケガ人ゼロのチーム」を原点に、現在は約10校の中学・高校野球部の指導に当たる。「かしこ身体で勝利を目指す」をキャッチコピーにして、フィジカルを中心に勝利に必要なすべての要素をターゲットにしたトレーニング指導を実践する。さらには当初の志を「離脱者ゼロのチームを目指す」に昇華させ、選手が自分自身の身体と向き合うことを促す。
これらを通じてトレーニングを通じて目に見えるものを向上させ、考え方の伝授を通じて目に見えない成長を促すことを目論む。


関連記事

  1. 【高校野球のケガ】肩の痛みや故障の原因・メカニズム

    【高校野球の怪我(ケガ)】肩の痛みや故障の原因・メカニズム

  2. ボール 肘のねじ込み

    [Lesson4] トップからの肘のねじ込みが難しい理由と解消法

  3. 図3 肩の痛みがでやすいフォームとできにくいフォーム

    【高校野球〜】肩に故障が生じやすい投球フォームについて

  4. 高校野球 ホームラン

    [Lesson1] ホームランの打ち方、どんなスイング軌道が良いのか?

  5. 股関節内旋

    腰痛を起こす選手の特徴

  6. インサイドアウト コック

    [Lesson5] スイング軌道をインサイドアウトにする手首の使い方