プロ野球選手は速い!?スイングスピードの速度を上げるのに大切なこと

目次

  1. 競技レベルの高い場所でスイングスピードは必要か?
  2. バットスイングスピード向上のために必要なのは体重増加ではなく、中身が大切!
  3. 除脂肪体重の増減はバットスイングスピードに影響を与える

競技レベルの高い場所で野球をするにはバットスイングスピードの速さが必要か?

野球選手によって“バットスイングスピードを速くすることが必要だ!”と考えて“そのためには体をデカくする!”固定観念を持っているような風潮がありますが、改めて、本当にスイングスピードが速い選手が競技レベルの高い場所で野球を続けられているのだろうか?とふと素朴な疑問が湧くわけです。そこで、大学野球選手を対象にバットスイングスピードを計測して、その後の進路について調査した結果を紹介します。計測方法は図Aになります。

図A バットスングスピード計測方法

図A バットスングスピード計測方法

某大学野球チームのフィジカルチェックをした結果を参考にして、その後の選手の進路について調べてみました。結果としては、見てのとおり、95名の部員の中で、バットスイングスピードの上位9名中8名がプロ野球、社会人野球、クラブチームなど大学卒業後も硬式野球を続けている結果となっております(図B)。

図B 大学野球選手スイングスピード上位の進路

図B 大学野球選手スイングスピード上位の進路

もちろん、バットスイングスピードだけではなく、バッティングではバットをボールに当てる能力や、その他にも走力、投力も必要になりますので、一概にバットスイングスピードだけ優れているわけではないですが、この能力の高い者が、その後上位レベルにて硬式野球を続けるということは、バットスイングスピードの速さが競技レベルの高い場所で硬式野球を続けるためには必要な要素であることがわかます。そして、こういったデータがあると、大学レベル以上の野球現場ではどの程度スイングスピーとが必要かの参考になりますね!こちらの結果は以下の研究論文に掲載されております。

笠原政志ほか:大学野球選手のバットスイングスピードに影響を及ぼす因子、Strength & conditioning journal : 日本ストレングス&コンディショニング協会機関誌 19(6), 14-18, 2012-07

ちなみに、プロ野球での1軍選手となるとスイングスピードが150km /hを超えることになるようです。

 “○○選手が増量で100kg到達”なんて記事があり、野球選手は体がデカイ!という印象を強く与えていることから、“野球がうまくなるためには増量”という印象を与えていますが、本当にそうなのでしょうか?しかしながら本当に大切なのは、体重だけではなく、その中身なのです。

図Aは除脂肪体重とバットスイングスピードの関係について示したグラフになります。除脂肪体重とは、体重から体脂肪量の除いた身体の重さの事を示しており、いわゆる筋量の1つの目安と考えられています。

図A 除脂肪体重とバットスイングスピードとの関係

図A 除脂肪体重とバットスイングスピードとの関係

ご覧のように除脂肪体重が高値を示している方が、バットスイングスピードが速くなっていることがわかります。グラフの中に“r=○○”という表現があると思いますが、こちらは、X軸とY軸との関係性がどうであるかを示す結果を示しています。この値が1.00に近いほど、X軸とY軸との関係は深いということを意味します。つまり、除脂肪体重とバットスイングスピードとの関係を示すr値が1.00に近いため、除脂肪体重が多いほどバットスイングスピードが速いという関係が強いと言えることになります。なお、この結果は大学野球選手を対象とした実験結果を示しているもので、バットは84㎝、910gの同一条件の物を使用しております。

つまり、図Bのようにただ増量したのではなく、その中身が大切なのです。

図B ただし!デカイではなく中身が大切

図B ただし!デカイではなく中身が大切

高校野球選手を対象に10月にフィジカルチェックを実施し、11月からフィジカルトレーニングを4ヵ月間続けて行った後、フィジカルチェックを行いました。はたして、本当にスイングスピードは向上するのでしょうか?これについて追跡調査をした結果を紹介します。なお、このトレーニング結果から除脂肪体重(体重から脂肪量を除いた体重)が1㎏以上増加した群と除脂肪体重の増加が1㎏未満だった群に分けて、バットスイングスピードの変化について比較してみると

結果は除脂肪体重が1㎏以上増加した群は121.2㎞/hから125.1㎞/hにバットスイングスピードが明らかに増加したのに対し、1㎏未満群は117.9㎞/hから119.4㎞/hにバットスイングスピードの増加を示したが明らかな差は見られませんでした。つまり、除脂肪体重の増加がバットスイングスピード向上に大きく貢献するものであることを示す結果になっています(図A)。

図A 除脂肪体重1㎏以上増加群と1㎏未満増加群におけるバットスイングスピードの変化の違い

図A 除脂肪体重1㎏以上増加群と1㎏未満増加群におけるバットスイングスピードの変化の違い

この結果を受けて、今回調査した高校野球チームの秋季の練習試合中のホームラン数と春季練習試合中のホームラン数を比較してみると、表1のように秋季では23試合中、ホームラン数が「0本」であったのに対して、春季では28試合中、「6本」に増えました。そして、このホームランを打った選手5名の秋季と春季のバットスイングスピードの変化を比べてみると127.8±12.9㎞/hから134.0±9.0㎞/hに向上しています(図B)。

図B 秋季と春季の本塁打数と本塁打を打った選手のバットスイングスピードの変化

図B 秋季と春季の本塁打数と本塁打を打った選手のバットスイングスピードの変化

さらに、縦断的に除脂肪体重とバットスイングスピード計測して比較をしてみると、同じ練習環境の中でA選手は除脂肪体重の増加によって、バットスイングスピードも向上しているのに対して、B選手は除脂肪体重が低下しており、バットスイングスピードも低下しております(図C)。

図C 除脂肪体重の変化とバットスイングスピードの推移

図C 除脂肪体重の変化とバットスイングスピードの推移

もちろんそれ以外の要素も考えられますが、同じ練習環境の中で除脂肪体重の増減が違うとなると、継続的に身体組成(体重、体脂肪率など)を計測して行くと、除脂肪体重が少なからずバットスイングスピードに影響えていることをいち早くキャッチすることができます。

この記事の作成者


笠原政志笠原政志
Masashi Kasahara

国際武道大学体育学部・大学院 准教授
博士(体育学)
日本体育協会公認アスレティックトレーナー
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
日本トレーニング指導者協会認定上級トレーニング指導士

千葉県習志野市出身。スポーツ選手の傷害予防と競技力向上に関するコンディショニングを科学的に捉えたアプローチを実践し、現場と研究の橋渡しの役割を担っている。特に今まで経験値による指導が多かった野球選手のコンディショニングについてを、客観的に示した上でのアプローチ方法について研究したものを現場に提供している。


関連記事

  1. 股関節内旋

    【高校野球~】投球障害予防!下半身をチェックしよう

  2. バッティング プロ野球

    [Lesson10] 背中の斜めの筋肉をバッティングに最大限に使う方法

  3. 股関節姿勢 (4)

    【高校野球】球速アップの秘訣!股関節内転筋の評価とトレーニング

  4. plane

    【高校野球】怪我の予防・パフォーマンスアップのための投球フォームのチェックポイント

  5. 図3 すべてのニーズを満たす動作と満たさない動作

    【高校野球〜】故障をふせぎ、ピッチング技術を向上させるには?

  6. 着地足を踏み込む

    ホームランを打つ!バッティング方法とトレーニング

  1. 肩甲骨トレーニング

    【高校野球】投球障害に対する肩甲骨周囲筋のトレーニング方法

    2019.08.03

  2. 疲れを取りたい!夏場の中枢性疲労回復に必要な睡眠環境とは?

    2019.07.28

  3. 野球選手に必要な栄養!高強度運動後の最適なエネルギー補給のコツ

    2019.07.28

  4. 各身体的疲労

    疲れを残さない!疲労回復(リカバリー)の基礎知識

    2019.07.28

  5. 夏と冬

    夏と冬、ウオーミングアップ時間は同じでいいの?

    2019.07.28

  1. バッティング プロ野球

    [Lesson10] 背中の斜めの筋肉をバッティングに最大限に使う方法

    2018.03.29

  2. 腰の入った

    [Lesson9] 腰の入ったバッティングフォームとは?骨盤の回し方

    2018.03.29

  3. バッティング 野球

    [Lesson8] 最も力の出るバッティングフォームとは?パワーの生み出…

    2018.03.29

  4. ヘッド 振り抜き

    [Lesson7] 鋭いスイングのためのヘッドの引き出し方

    2018.03.29

  5. 逆アクセル スイング

    [Lesson6] 日本人的なスイングを作り出すために重要なポイント

    2018.03.29