【学童野球~】バッティングフォーム~飛距離アップ5つのコツ~

色々な個性があるバッティングフォームですが、大切なポイントは共通しております。

今回は、学童から抑えておきたいポイントを5つまとめてみました。

1.力が入る姿勢で構える
2.力が入るポイントで打つ
3.バットが軽く感じる位置を意識する
4.最後は体が最も捻じれる方向へ
5.重心を前に乗せて打つ

何が足りないかを確認しながら、欲張らずに一つ一つ習得しましょう。

目次

  1. 力が入る姿勢で構える
  2. 力が入るポイントで打つ
  3. バットが軽く感じる位置を意識する
  4. 最後は体が最も捻じれる方向へ
  5. 重心を前に乗せて打つ
  6. まとめ

早い話がパワーポジションが習得できているかということです。
パワーポジションが取れていない選手は、高校生になって明らかに差が出ます。
できるだけ早いうちに習得しましょう。

ポイントはお尻を突き出すイメージ(お尻の穴を広げて後ろに向ける!)です。
いわゆる「腰が入る」「股関節がハマる」という表現だと思います。

パワーポジション

バッティングも同じ。
始動時にしっかりお尻を突き出せているかが大切です。
※構えている間、ずっとパワーポジションを取る必要はありません。始動時にしっかり取れていればOKです。

始動時

チェックの方法としては、投手側から肩を押しても負けずに押し返すことができるかです。
安定しているとかなりの力で押されても負けません。
押している方が押し返されてしまいます。

構え良い例

構えが不安定だと押されると負けてしまいます。

構え悪い例

押されても負けない構えを身につけましょう!

レギュラーの基本条件!しっかりした捕球姿勢がとれるか

力が入るポイントで、バットがボールに当たらなければ、当然ボールは飛んでいきません。

そもそも、力が入るポイントを分かっているか?を確認してみましょう。

確認方法は簡単!
選手に「どこでボールを捉えるのがベストか?」と質問して
理想のヒッティングポイントを再現してもらいます。

その状態で前からバットを押したときに力が入るかを確認します。

打撃ポイント良

しっかり力が入ればOKです。
指で押してしっかり押せるくらいのイメージです。

ポイントがずれると全く力が入りません。

打撃ポイント悪い

小学生では、力が入らないポイントで打つイメージを持っている子が多いです。
特にポイントが後ろの選手が多いように感じます。
「へその前で打つ」というように、少し前でポイントを探すと力の入る位置を見つけられることが多いです。

選手と一緒にどこのポイントだと力が入るか確認しながら、力が入る位置を探しましょう。
力が入るポイントを見つけたら、そこを意識して素振りなどの練習をしてみましょう。

バットが軽く感じる位置はどこでしょうか?

それは、バットの重心が身体に最も近づく位置です。
バットの重心を体に近づけてみてください。
スッとバットが軽くなるポジションがあります。
軽くなる位置

スイングの軌道で、この軽くなる位置をしっかり通過しているかがポイントになります。
バットが軽くなれば、そこからのバット操作も簡単になります。

確認方法としては
打つ手前を再現してもらい上から軽くバットを押してみます。
バットが軽い位置で

バットの重心が身体に近いと、しっかりバットを支えることができます。

一方、バットの重心が身体から遠いと
バットが重い位置

バットが重く感じ、軽く押されても支えることができなくなります。

「バットが軽い位置はどこ?」と、良いポジションを確認して、
そのポジションをバットが通過するように意識しながらスイングをしましょう。
自然とインサイドアウトができてきます。

[Lesson3] 大振りを改善するためのトップハンドの基礎

ボールを打った後のバットの位置を確認します。
しっかり、斜め上に伸びていればOKです。

やや個人差はありますが、この位置が身体が最も捻じれる位置です。
斜め上

上からたたくばかりを強調しすぎて
下のようなスイング軌道になっていないか注意してみましょう。
斜め下

バットが下にいくと体が十分に捻ることができないので、飛距離は伸びていきません。
やってみても分かると思いますが、窮屈な姿勢になってしまいます。

[Lesson1] ホームランの打ち方、どんなスイング軌道が良いのか?

ボールにヒットするときは
重心がしっかり前に移動していないと、体重をボールに乗せることができません。
前足に乗せて打つイメージを持ちましょう。

チェック方法は
打つ瞬間に後足のかかとが、もとあった場所より前に行っているかを見ます。
打った後、後ろに行くのはOKです。
打つ瞬間に前に行っているか?です。
重心前

打つ瞬間に、後ろ足の踵がさらに後ろに行く選手は、重心が前に移動していない証拠です。
前に打つのに、体が前に行っていないっておかしいですよね。
重心後

できていない選手は、最初は極端に前に乗せる練習から始めてみましょう。
打つ瞬間は、前足に体重のほとんどが乗るイメージを忘れずに。

[Lesson2] スイングに重要な重心移動の基礎とは?

飛距離アップのコツを5つにまとめてみました。

バッティングって難しいですよね。調子が良いときもあれば悪いときもあります。
飛距離がアップするコツをつかめば、その中でも活躍する場面は増えます。
下記も参考にしてみてください。

ホームランを打つ!バッティング方法とトレーニング

プロ野球選手は速い!?スイングスピードの速度を上げるのに大切なこと

この記事の作成者


亀山顕太郎亀山顕太郎
Kentaro Kameyama

理学療法士
スポ・ラボ(一社)代表理事

神奈川県横浜市出身、理学療法士になってから様々なデータよりケガをしている選手の特徴を調べ、学会にて報告。
石井医師とスポ.ラボを立ち上げてからは、4000人以上のデータを収集し解析。前向きに追跡調査をすることでどのような選手が怪我をするのかを研究している。また、研究の様子を報告しているfacebookでは、3万人以上のフォローワーがいる。


関連記事

  1. 少年野球診断システム

    少年野球選手のための投球障害・予測システム

  2. plane

    【高校野球】怪我の予防・パフォーマンスアップのための投球フォームのチェックポイント

  3. きゅうり

    夏におすすめ!夏野菜を使った簡単レシピ

  4. 少年野球/肘がしっかり伸びるか、しっかり曲がるか

    トレーニングをするまえに、肘がしっかり伸びるか、曲がるかチェックしよう

  5. 少年野球/ひじを付けたまま、鼻の高さまで上げられるか

    やっておきたい体幹の柔軟性トレーニング(中級)

  6. 【高校野球〜】球速アップの方法・トレーニング論