体を大きく!管理栄養士が考えたおすすめレシピ

ここでは、高校野球部員をイメージしたお勧めレシピを紹介します。
忙しいお母さま方のためにできるだけ簡単に作れて、栄養価の高いメニューを意識しました。
参考にして頂ければ嬉しく思います。

目次

  1. ほったらかし手羽元さっぱり煮
  2. 朝食の救世主!ねばねば丼
  3. 成長期の味方!鉄・カルシウムたっぷりライスボール

ほったらかし

  • 手羽元⇒玉ねぎ(くし切り)⇒ピーマン(よく洗って丸ごと)の順番で鍋に入れる
  • 調味料を加え、中火
  • 沸騰したら弱火にして、ふたをして12~15分煮込んだら完成!

ねばねば

  • 丼ぶりにごはんを入れる
  • 材料をすべて載せて、さいごに納豆のたれをかけたら完成!

ラップに一口サイズの量を載せて丸めると簡単です!

一口サイズにすることで、隙間時間にぱくっと食べられます◎

干しエビ

ちりめん

※乾燥わかめを「茎わかめ(細かく刻んだもの)」にすると
コリコリした触感が楽しめるのでおすすめです!

この記事の作成者


徳山円香徳山円香
Madoka Tokuyama

管理栄養士
順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科

東京都出身。管理栄養士として選手の栄養指導を行うかたわら、順天堂大学で腸内細菌叢の研究を行っている。これまでに大学ラグビー部や高校野球部、高校バスケットボール部の指導経験がある。高校時代は野球部のマネージャーをしていたこともあり、現場寄りの栄養指導を心がけている


関連記事

  1. 高校・大学・プロ野球/立位体前屈で床に手が届くか

    立位体前屈で床に手が届くか

  2. ボール

    【高校野球~】肩が柔らかいと怪我の素!?

  3. 高校野球 ホームラン

    [Lesson1] ホームランの打ち方、どんなスイング軌道が良いのか?

  4. plane

    【高校野球】怪我の予防・パフォーマンスアップのための投球フォームのチェックポイント

  5. 中学生2

    指導者必見!中学野球選手の投球障害予防

  6. 良好な下肢

    【高校野球~】投球障害予防!下半身を安定させるポイントとは?